海外ウェディングのメリット・デメリットとは?

一生に一度のウェディングだって、なんだかんだ最初は「海外でやりたい!」と思ったことがある人も多いのではないでしょうか?

228
0

海外挙式で出来ること

欧米では、一般的な慣習となっているブライズメイドを楽しむことが可能です。日本から足を運んでくれる大切な友達にも素敵なドレスで楽しんでもらうことができます。直接その国で式を挙げることによって、本場の雰囲気を味わいながら挙式を行うことができる点が人気の理由となっているのでしょう。

引用元:www.watabe-wedding.co.jp(引用元へはこちらから)
また、海外での挙式の場合、日本にはない絶景や雰囲気の中で、一生の思い出となるウェディング写真を撮ることができます。思い出の地で、大切な家族や友人に囲まれながら、形式にとらわれず過ごす幸せな時間も、心の中だけではなく、美しい写真とともにいつまでも残すことが可能です。
引用元:www.watabe-wedding.co.jp(引用元へはこちらから)

海外挙式に関するメリット

必要最低限の人だけを招待できる

国内だとなんだかんだ気を使って、会社の上司や親戚関係、色々な人に声をかけなければならない。

地元での挙式なら尚更です。また、招待状など非常に大変な手間を省ける。


引用元:hanabinbin.com(引用元へはこちらから)

披露宴の準備が楽ちん

何十人、何百人単位で招待する日本の披露宴とちがって、海外ウェディングは少人数の式。なので、招待状や席札や引き出物など、準備がとっても気軽で楽ちん♡海外挙式は雰囲気そのものがすでに素敵なので、クオリティの高さはそこまで重要じゃないんです*


引用元:marry-xoxo.com(引用元へはこちらから)

国内で挙げるより安い

実は海外で結婚式を挙げた場合、国内の式場で挙式と披露宴を行うより安く済ませることが出来ます。

挙式自体の料金はそれほど変わらないようですが、海外ウェディングの場合は一般的に挙式を挙げたあと、気軽なパーティーを行って終了となるので、披露宴にかかる費用が必要なくて済むからです。

もちろん海外で挙式をしたあと、日本に帰ってきてさらに披露宴を行うというカップルの場合は話は別になりますが、挙式費用に衣装代、旅行代金をプラスしても100万円以内で挙げることも可能のようです。
引用元:marriage-bridal.com(引用元へはこちらから)

新婚旅行が兼ねられる

まとめ作者