2016年11月18日更新
結婚式 結婚 ウエディング

結婚式の費用を安くしたい!めちゃくちゃ安く結婚式を挙げる方法

結婚式は、人生で家の次に大きな買い物だと言われているほど高価な買い物です。 抑えるべき個所とおもてなしすべき個所は夫婦で話し合い、素敵な結婚式を作り上げましょう!

1232
0

挙式費用の平均は300万円強!なぜそんなに高いの?

まず、結婚式で一番お金がかかるのは料理の費用です。

一人当たり1.5万円が平均。
ドリンクを入れると1.7万円ほどになるでしょう。

次にお金がかかるのは、新郎新婦の衣装代です。

加えて引き出物、ビデオ、スナップ写真代などを加えると200万円ほどになります。
引用元:camatome.com(引用元へはこちらから)
ほかにも、お花代、司会、招待状、サービス料、エステ代などの費用が加わります。

挙式の日時を決めたら、予約金として数万円を払い、残りは式の当日に払う場合が多いのですが、挙式の一か月前に半額を払う場合もあります。

当然、当日の支払いにはご祝儀のお金を利用できます。

一気に300万円を払う必要はないので、着実な資金計画をたてて必要額を貯金していきましょう。
引用元:camatome.com(引用元へはこちらから)

節約してはいけないところ

 基本的に、「目に見えるところ」と「ゲストにかけるお金」は節約してはいけません。目に見えるところやゲストにかかるお金をケチると「安くあげたな……」と思われ、費用を抑えたことがバレバレになってしまいます。

引用元:manetatsu.com(引用元へはこちらから)

検索結果 安くても満足のいく結婚式をする方法

オフシーズンに挙式を上げる

安く結婚式を挙げるなら、絶対にオフシーズン(真夏か真冬、もしくは平日)を選んでください。オフシーズンを選ぶことは会場だけでなく、ドレスや写真などすべてに響いてくるので、必須です。

「真夏や真冬の結婚式なんて!」と思われるかもしれませんが、春や秋は雨も多く、ゲストも服装を悩んだりするものです。逆に真夏や真冬だと温度がしっかり予測できますから、案外好評ですよ。
引用元:magazine.gow.asia(引用元へはこちらから)
どうしてもオンシーズンにしなければならないのなら、可能なら平日、最低でも仏滅を指定してください。

引用元:magazine.gow.asia(引用元へはこちらから)

ウェディングドレスを安くで買う・借りる

レンタルならば安くで借りられる式場か、
上記の共済でドレスを借りてみましょう。

2万円以下で借りられることも多く
お店よりも安い値段で選ぶことが出来ます。

また、一度着たものならばネットレンタルなら
2万円以下で購入することも出来ますよ。


引用元:kanemotilevel.com(引用元へはこちらから)

半年以内の挙式

まとめ作者