2016年11月19日更新
離婚 結婚 お金

離婚防止に効果あり!結婚前に話しておくべきお金のこと

結婚する際に決めておきたいのがお金に関する事柄。 これから家庭を築いていく二人だからこそ、「お金」についての考え方はしっかりすり合わせておくべきです。

276
0

これからの2人のために、お金の話をしよう

結婚後のお金の管理について話し合うことで、これからの生活が具体的にイメージでき、また「二人で家庭を作っていく」という一体感も生まれます。

せっかく出会って結婚する二人なのですから、共に歩む人生のためにも、しっかりと「お金」に関しての話し合いをしておくことをおすすめします。


引用元:nanapi.com(引用元へはこちらから)

夫婦二人のときの貯蓄目安は手取りの25〜30%

貯蓄にはどのくらいまわせばよいでしょうか。

夫婦共働きの間は人生で最も貯蓄しやすい時期です。できれば二人合わせた手取り月収の25〜30%程度は貯蓄したいところ。

子どもが生まれると、育児休業を取得したり、時短勤務で働いたりと、夫婦の収入が減り、子どもの分の支出が増え、貯蓄がしにくくなります。

引用元:www.kango-roo.com(引用元へはこちらから)

結婚前に決めておきたい夫婦のマネールール

お互いの収入、貯金について聞いておく

結婚してからもしばらくは夫婦共働きというパターンがほとんどです。夫婦それぞれの収入、貯金額を把握しておくようにしましょう。


引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)
収入が多いということは経済面で安心材料になりますが、貯金がなさすぎるのも困ります。そこそこの収入があるのに貯金がないと言うことは浪費癖が疑われます。

引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)

借金と貯金の有無

「結婚前にしておくべきお金の話」として、家計の管理や生活費の分担、将来の計画や借金と貯金の有無など、いろいろな意見が出そろいました。結婚は好きな人と一緒になるうれしさもありますが、生活をともにしていくという現実もあります。お金の話はなんとなくしづらいものですが、知らずに結婚してしまうとあとが大変です。
引用元:woman.mynavi.jp(引用元へはこちらから)

どちらが家計を管理するか

まとめ作者