2016年11月21日更新
結婚式マナー 結婚式 マナー

知らないと恥ずかしい結婚式マナーまとめ

正しいマナーを知っておかないと、自分はもちろん、新郎新婦にも恥ずかしい思いをさせてしまうかもしれません。

132
0

招待状をもらったら・・

結婚式の招待状を受け取ると、こちらまで幸せな気分になり結婚式が楽しみになる反面、結婚式のマナーについては心配になってしまいますよね。みんなのまねをすれば大丈夫なんて思っている人もいると思いますが、一通りのマナーが頭に入っているのと入っていないのでは大違いです。まずは招待状についてです。返信は期限までに送付することは当たり前ですが、なるべく受け取ってから3日以内に送付できるとよいですね。新郎新婦は出欠がわかれば次のことを進められるので早めの返信が助かることと思います。


引用元:www.intermed-home-care.com(引用元へはこちらから)

ご祝儀はどうすればいいの?

次に悩んでしまうのがご祝儀ですよね。少なすぎても多すぎても、と悩んでしまいますよね。結婚式やご祝儀については地域によって違いや特徴があったり、その家の考え方にもよるので、一概にこうであるとは言えませんが、だいたいの目安についてご紹介したいと思います。新郎新婦が友人の場合は2~3万円が相場となっています。一昔前までは2で割り切れる2万円なんて別れを連想し、とんでもないという考えでしたが、今は2人の幸せを、という意味を用いて使用されるようになっています。新郎新婦が親族の場合の相場は3~10万円、夫婦で出席する場合は5~10万円が相場となっています。


引用元:www.intermed-home-care.com(引用元へはこちらから)

ご祝儀の包み方

どういう服装がいいの?

ヘアスタイル

ロングヘアーはまとめてアップにする。
ショートヘアも編みこみをしたりして少しおしゃれにしましょう。
カチューシャやヘアバンドは使用しないようにし、生花は花嫁の特権ですので避けてください。


引用元:purelamo.com(引用元へはこちらから)

花嫁の白はNGだがブラックもコーディネート次第

ブラックスーツにシンプルな装飾品……一歩間違えば、「喪服」に見られてしまい、お祝いのムードを壊してしまったら大変です。披露宴の服装は華やかさが大切です。ブラックスーツのよいところは、どんなに装飾品を派手にしてもシックさは失われないところ。

引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)
華やかさをプラスすることを忘れないでください。たとえば真っ赤なコサージュや真っ赤なヒール、ラメ入りのバッグなど装飾品をゴージャスにされるとよいでしょう。

引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

まとめ作者