2016年11月21日更新
結婚式マナー 結婚式 マナー

知らないと恥ずかしい結婚式マナーまとめ

正しいマナーを知っておかないと、自分はもちろん、新郎新婦にも恥ずかしい思いをさせてしまうかもしれません。

600
0

スピーチのマナー

主賓なら3~5分以内、友人・同僚なら3分以内が好印象。
新郎新婦との印象的なエピソード1つか2つを800字程度にまとめ、ゆっくり読むと3分程度に。
あらかじめ用意したメモや原稿を見ながらでもOK!大きな声ではっきりと。
新郎新婦の苦労話や不幸な過去などを持ち出さない。
政治や宗教の話、会社の前で、異性関係の暴露話などは避ける。
不幸を連想させる「忌み言葉」や再婚をイメージさせる「重ね言葉」は避ける。
引用元:you-mama.com(引用元へはこちらから)

食事の際

結婚式といえば、乾杯ですが乾杯の際は軽くグラスを上に上げる程度で大丈夫です。
目線の高さくらいでしょうか。高く上げすぎてはいけません。

アルコールがダメなタイプの方もいるとは思いますが、乾杯の時はお酒でやりましょう。
飲まなくても、軽く口をつけるだけで大丈夫です。グラスに口をつけずにおいてしまうのはマナー違反です。
出てくるお料理にも、1つ1つ手を付けましょう。
お腹がいっぱいでも一口くらいは食べないともったいないですし、マナー的にもよくありません。


引用元:purelamo.com(引用元へはこちらから)
お手洗いに立つ際など、中座の時はナプキンを畳み椅子の上に置きます。
背もたれにかけておいても良いです。
たたまずに置いておくのはスマートではないので、避けましょう。

食事後はナプキンは軽くたたみ、テーブルの上に置きましょう。


引用元:purelamo.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

結婚式当日に突然、欠席することを伝えるには

新郎新婦といかに親しい間柄だからといっておめでたい式がある当日に直接連絡することはマナー違反です。当日、急に欠席せざるを得なくなった場合は会場に連絡して両親や受付係に欠席を伝え、お詫びを述べるのが
良いです。その理由が身内の不幸などの弔事・急病・事故などの場合は、結婚は祝いの席なので「やむを得ない事情で」と述べるにとどめておきましょう。


引用元:weddingsmanner.gosyuugi.com(引用元へはこちらから)

最後に。笑顔で祝福してあげることが最大のマナー

結婚式や披露宴は新郎新婦やご家族を心から祝福するためのものです。
お呼ばれしたら、身だしなみや振る舞いといったマナーを気にかけることが、お祝いの気持ちを表すことにつながる気がします。

同時に、マナーが守れていたとしても、笑顔を忘れていたら話になりません。
笑顔で楽しく、おめでたい席に出席しましょう!
また、やむを得ず、欠席になった場合でも祝福の気持ちを忘れずに、電報や結婚祝いを贈ることを忘れずに。
引用元:you-mama.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者