2016年07月06日更新
招待状 書き方 マナー

結婚式の招待状が届いたら 返信メッセージの書き方・マナー

結婚式の招待状が届いたら…自分の該当する方に丸をつけてそのまま出していませんか? 実はいろいろな書式やマナーが存在するのです。 そんな「招待状の返信メッセージのマナー・常識」をまとめてみました

4354
0

▼まずは、基本を押さえる

返事は必ず出欠ハガキで返信

結婚式(披露宴)の招待状が送られてくる場合、事前に確認の連絡があることがほとんどで、すでに出欠を伝えているかもしれませんが、その場合でも「必ず出欠ハガキで返信」するのがマナーです。

どんなに忙しくても電話やメールだけで済ましてはいけませんよ!!

引用元:www.happy2-marriage.com(引用元へはこちらから)
招待状が届く前に、電話などで出欠の返事をすることもありますが、その場合でも返事のはがきは忘れずに
引用元:bridal.fudemame.net(引用元へはこちらから)

早めの返信を心がける

返信期限が書かれていると思いますが、「到着後1週間以内」に返信するのがマナーであり、礼儀
引用元:www.happy2-marriage.com(引用元へはこちらから)
もし仕事の予定などとの兼ね合いで、期限までに結婚式の出欠の返事を伝えられそうに無い場合は、その旨を先方に伝えましょう
引用元:www.formalstyle.jp(引用元へはこちらから)

ペンは黒色のものを使用する

万年筆でもボールペンでも、必ず「黒」を使いましょう
引用元:www.kekkon-j.com(引用元へはこちらから)
二重線、斜線で消すときは丁寧に定規などを使って、きれいな線を引きましょう
引用元:www.gogo-wedding.com(引用元へはこちらから)

▼招待状の表(宛名)面の書き方

「行」を斜線で消して「様」を書き足す

宛名の「行」を「寿」で消す

まとめ作者