ウエディングブーケを保存したい!「アフターブーケ」を作る4つの方法

結婚式で使った思い出深いブーケはずっと手元に置いて飾っていたいですよね。「アフターブーケ」を作る4つの方法をまとめてみました。先輩プレ花嫁さんの口コミ・感想・レポもあわせてどうぞ。後悔しないアフターブーケを作って下さいね。

828
0

ウエディングブーケを保存したい!「アフターブーケ」を作る4つの方法

ブーケの美しさをそのまま最高の幸せの瞬間を永遠に閉じ込める。

ウエディングブーケを押し花やブリザードフラワーなどで保存することをアフターブーケといいます。
あなたの大切なウエディングブーケをオブジェで残してみませんか?

①ウエディングブーケを押し花にして保存

思い出のものをずっと飾っておくには、 場所をとらないことが大切なポイントです。
押し花は額に入れることができ、持ち運びも簡単です。
多少の変色はありますが、立体的なデザイン構成などで、豪華なものに仕上がるようです。
引用元:www.mwed.jp(引用元へはこちらから)

②ウエディングブーケを立体押し花にして保存

立体押し花は通常の押し花と違い、ウェディングブーケを押し花にした時ブーケに使用されているアクセサリー(パール、実物、リボンなども)もお入れできるため限りなくイメージをこわさず押し花額で保存できます
引用元:zakka5.com(引用元へはこちらから)

③ウエディングブーケをプリザーブド加工で3Dブーケにして保存

奥行きのある額縁の中にブーケの時のイメージに近い形で立体的に残すことができます。壁掛けはもちろん、スタンドを使用すれば卓上にさりげなく飾ることも可能です。
引用元:item.rakuten.co.jp(引用元へはこちらから)

④ウエディングブーケを立体保存

ご結婚式でお持ちになった生花のブーケを立体のままフレーム加工するサービスです。

生花を使ったブーケはそのみずみずしい美しさや香りなどが魅力ですが、残念ながら綺麗な状態を保つことができるのはほんの短い間だけ。
そんなお二人の想いがたくさん詰まったご結婚式のブーケを、美しいままガラスケースに閉じ込めて長く残しませんか?
引用元:kukka.shop-pro.jp(引用元へはこちらから)

まとめ作者