2016年07月06日更新
リングリレー 人前式 結婚指輪

ゲストからの沢山の祝福を受ける事ができる“リングリレー”。挙式でのリングリレーのやり方は?

リングリレーとはリボンに指輪を通し、ゲストの方の手から手へと通って、指輪をお二人の元へと送っていく演出。リングリレーの後の指輪の交換は、想いも一際大きくなるはず。比較的新しい演出方法でゲストの皆様とってもに喜んでもらえます!リングリレーのやり方と意味をご紹介します♡

5381
0

リングリレーとは

人前式を盛り上げる儀式として、最近とても注目されています。
引用元:wedding.gnavi.co.jp(引用元へはこちらから)
リングリレーとは指輪の交換の時にリボンに通したリングを
ご列席いただいているゲストの皆様から
祝福の想いを込めて新郎新婦まで運んでいただくセレモニー
引用元:zexy.net(引用元へはこちらから)
新郎新婦様にはリボンをご用意いただきます。
(滑りやすいサテン生地のものがおススメです!)
引用元:zexy.net(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

指輪交換のシーンになったら
バージンロード側のゲストの方にリボンを持ってもらい、
リボンを持った一番後ろの席の方から
前の席の方へとリングをリレーしていきます
引用元:zexy.net(引用元へはこちらから)
最後に受け取った方(ご両親様になることが多いですね)が
リングピローへ。。。。
引用元:zexy.net(引用元へはこちらから)
そして、そのリングピローからおふたりが指輪を取り、
永遠の愛の証を交換します
引用元:zexy.net(引用元へはこちらから)
愛の象徴でもあるマリッジリングを自分たちで新郎新婦に届けるという行為が、参加者たちを特別な気持ちにさせるのでしょう。リングの目印に、鈴やバルーンなどを付ければ、遠くの参列者にもその盛り上がりは伝わりやすいはず。
引用元:wedding.gnavi.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者