後悔したくない!ブライダルヘアメイクを失敗しないコツとは?

ウエディングヘアーは、ドレスと並び結婚式の花のような役割を果たしています。髪は女の命と何かの宣伝でもありましたが、髪型というのは女性にとってどうしても気になるものですよね♪ ブライダルヘアメイクを失敗しないためのポイントをご紹介します。

1580
0

結婚式でのヘアメイク選びの重要性

結婚式でのヘアメイクは、花嫁の印象を決める上でもとても重要な要素になります。

アレンジの仕方によって花嫁の個性を表現することができますし、花嫁をより美しく見せることができるかどうかもヘアメイクによって決まるといってもおかしくありません。

結婚式場では提携している業者やヘアメイク担当者がいる所がほとんどですが、自分のお気に入りのスタイリストがいる場合は外部に依頼をすることも可能な会場もあります(いわゆる「持ち込み」です。
引用元:how-to-inc.com(引用元へはこちらから)
結婚式場によっては外部委託をすることができない結婚式場もあるため、結婚式でのヘアメイクを自分のお気に入りの人もしくは気になるスタイリストにお願いすることも考えている方は、結婚式会場探しをするタイミングと同時に探し始めるようにしましょう。また、外部へ委託する場合は持ち込み料金がかかる会場も多いので、事前に会場に確認をしておくようにしましょう。


引用元:how-to-inc.com(引用元へはこちらから)

花嫁が結婚式で理想のヘアメイクを実現するために知っておくべきこと

気に入ったヘアメイク画像を探す

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まずはインターネットや結婚情報誌を利用してお気に入りのヘアメイク画像を探します。

ヘアメイクといっても髪型はもちろんのこと、ヘアアクセサリーやメイク、顔周りのアクセサリーやドレスとの相性などを考えながら選ぶ必要があります。

どのような雰囲気の花嫁になりたいかイメージを決めた上で、できるだけ多くお気に入りの画像を集めていきましょう。最終的に衣装担当者とヘアメイク担当者の方に相談をしながら決めることでスムーズに決定することができます。
引用元:how-to-inc.com(引用元へはこちらから)

リハーサルでの出来上がりを念のため写真・動画に撮っておこう

リハーサル担当者と当日担当者が違っても、きちんと申し送りがされていれば問題はないのかもしれませんが、リハーサルの時に伝えた細かなニュアンスなどが伝わっていないということも……。そうなると「一体何のためにリハーサルしたの?」ということになってしまいます。そうならないように、リハーサルを申し込む時には、当日の担当者と同一人物なのかどうか、しっかりと確認しておく必要があります。また、病気など突発的なアクシデントによって担当者が変更になってしまうことも考えられますので、リハーサルの時にはデジカメなどで記録を残しておくと安心です。

引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

普段のメイク・髪質を伝える

自分の普段のメイク方法を伝えておくことも大切なポイント!

自分が力を入れているパーツ、チャームポイントなども細かく伝えておけば、担当さんもあなたの理想をイメージしやすくなります。

髪型も、「前髪がうねる」「カールが取れやすい」など普段のクセを伝えておいてください。

当日、式の途中で崩れないように、クセを抑えてしっかりとヘアメイクしてもらいましょう。
引用元:www.niwaka.com(引用元へはこちらから)

リハーサル以降の髪型変更はNG!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者