2016年11月28日更新
口上 結納 親あいさつ

結納の口上の流れ【例文付き】

結納の流れは、略式の場合はじめの口上を新郎の父親が述べ、結納を受け取るときに新婦が御礼を続けて、新郎へと受書を渡します。受書を受け取るときに新郎が口上を述べ、結びの口上を新郎の父親が述べます。

301
0

親あいさつ、結納・顔合わせの前にチェックしよう!

日程調整はまず先方のスケジュール確認から!

結婚のあいさつに伺う日取りを相談する際は、まず彼女の親の都合を聞き、それを最優先に考えるのが常識。結婚が決まってからの結納(顔合わせ)の日取りは、両家の都合をふたりで調整しよう。両家が離れている場合や仕事などの都合で、どうしても挙式当日まで顔合わせができない場合は、電話などでお互いの親がコミュニケーションを取れる機会をふたりがセッティングするべき。

引用元:mens.zexy.net(引用元へはこちらから)

彼女の家での作法は万全に

コートは玄関先で脱ぐ。携帯電話は電源をオフまたはマナーモードに。ソファや座布団には勧められてから座る……などなど、彼女の実家にお邪魔した際の細かな礼節は、事前に予習しておくこと。娘の結婚相手として不安に思われるようなふるまいは慎もう。

引用元:mens.zexy.net(引用元へはこちらから)

費用の分担について、事前に話し合っておくこと

結納や食事会にかかる費用分担をどのようにするのか、あらかじめ両家で相談しておこう。

引用元:mens.zexy.net(引用元へはこちらから)

結納の挨拶・口上

セリフのやりとりを予行練習すると、当日戸惑うことなく進められるはず。

始めの口上

「この度は○○様と息子○○の縁談を承諾していただきまして誠にありがとうございます」
「本日はお日柄もよく婚姻のしるしとして結納の品々を持参いたしました。幾久しくお納めください」
引用元:krachie.ameba.jp(引用元へはこちらから)
「このたびは、○○様と息子の○○との縁談をご承諾くださいましてありがとうございます」「本日はお日柄もよろしく、婚約のしるしとして結納の品々をご持参いたしました。幾久しくお納めください」


引用元:wedding.gnavi.co.jp(引用元へはこちらから)

まとめ作者