2016年11月22日更新
結婚 男子心理 恋愛心理

「この人と結婚したい!」男が結婚を決めるタイミングとは?

結婚を決めた理由は男性によって様々です。 普段の言動から、相手に『結婚しても良いかな』と思われるようにふるまうことが大事になることでしょう。

389
0

自分の家族とうまくやってくれそう

付き合うだけならば個々の関係で済みますが、やはり「結婚」はお互いの家族との関係を築いていく必要があります。

なので、相手の女性に対して「自分の家族とうまくやってくれそう」という確信が持てたとき、プロポーズへ向かう気持ちを加速させるようです。

引用元:mdpr.jp(引用元へはこちらから)

安定した生活を送りたい

男性の思う安定と女性の思う安定は差があります。女性の求める安定は「金銭面」や「男性の職業での安定」ですが、男性は仕事をする上での安定を求めます。例えば、男性は自分が仕事をして帰ってきたときにホッとできる場所を求めています。自分が帰ってきたときに温かいご飯と「おかえり」という言葉で出迎えてくれる安定した生活、それこそが男性が最も結婚に求めることだと言っても過言ではないでしょう。


引用元:www.minden.jp(引用元へはこちらから)
しかし女性の本音は「家政婦にはなりたくない」と思っている人が多いようです。そこは結婚する前に、お互いよくよく話し合った方が良いでしょう。理想と現実のギャップがあって離婚となってしまったり家庭内別居となってしまう夫婦が多いようなので、「結婚とは?」という根本からまずは話し合ってみることです。


引用元:www.minden.jp(引用元へはこちらから)

母性があるように感じた

スポンサーリンク

スポンサーリンク

断言しても良いのですが、子どもに冷淡な対応を取る女性を見ると男性は、その人と結婚して子どもを作ろうとは思わなくなるものです。逆に子どもに対して温かく(とはいえ甘やかさない)接し方が出来る人に対しては好意を持つものです。


引用元:marihonnete.com(引用元へはこちらから)
また、意外と細かいところで「この人、素敵だな」と思われる要素はあります。例えば他人の子どもにあいさつする際にきちんと腰をかがめて目を合わせること、子どもの何気ない質問にもしっかりと答えてあげること、そう言う小さなことの積み重ねが「この人となら結婚したい」と思われる要因になります。

引用元:marihonnete.com(引用元へはこちらから)

適齢期を意識した時

「結婚する相手は運命の相手」的な考え方の人には受け入れがたいかもしれませんが、「自分が・相手が適齢期だから」という理由で、結婚に踏み切る男性は多いもの。特に、子どもが欲しい場合や堅めの企業に勤めている場合はなおさら。同年代の男性に子供ができたり、結婚していることで一人前とみなされる風潮を感じたりと、年齢を重ねることで自然と結婚を意識することが多いようです。


引用元:www.dokujo.com(引用元へはこちらから)
また「友人がどんどん結婚していき、焦る……」と感じる女性と同じように、男性も友人たちの結婚には少なからず焦りを感じるのだとか。「周りもみんな結婚したし、そろそろ結婚する時期なのかな」と思い始めたことが、結婚を決めた理由にもなったという意見もあり、適齢期を感じるのは周りの影響が大きいようですね。


引用元:www.dokujo.com(引用元へはこちらから)
「彼が結婚を意識した時に彼のそばにいる存在だった」というだけでも十分に「運命の相手」と言えます。プロポーズの理由が年齢にあっても、打算的だなんて思わなくていいのです。流れと彼に身を任せて、安心して結婚への道へ向かいましょう。


引用元:www.dokujo.com(引用元へはこちらから)

仕事を優先する事を認めてくれる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者