2016年11月30日更新
結婚祝い 礼状 感謝

結婚祝いのお返しに添える礼状文例集まとめ

”お礼状”と単語だけ聞くと、どうしても頭でっかちに考えがちですが、本来の目的はお相手に感謝の気持ちを伝えるということです。基本的なルールをしっかり踏まえ、ポイントを抑えつつ、常識ある素敵なお礼状を目指しましょう。

247
0

内祝いとは

内祝いとは、本来、「内=家」でおめでたいことがあった時に、自分たちの喜びを親しい人と宴席を設けて分かち合い、手土産を手渡した風習を指します。

しかし、現在では内祝いはお祝いをいただいたことへのお返し、という認識が一般的です。

内祝いを贈る時期にはそれぞれ適切な時期がありますが、基本は「遅くならないこと」です。

また、体調によっては、すぐにお礼状を書いたり、贈り物を手配することが難しい場合がありますが、その際は、いただいて数日以内に、電話で直接お礼の気持ちを伝えましょう(メールは正式ではないので、気を付けましょう)。
引用元:www.mwed.jp(引用元へはこちらから)

お礼状を送るタイミング

結婚祝いを頂いたらなるべく早めにお礼状を出しましょう。
一般的には挙式後、または新婚旅行から帰ってきてすぐに出します。
お礼の品物とお礼状を別に送る場合、品物よりも先にお礼状が届くようにしましょう。
引用元:www.harmonick.co.jp(引用元へはこちらから)
結婚祝いを頂いてから挙式までの期間が長い場合、お礼の品物を贈るのは挙式や新婚旅行の後でも問題ありませんが、お祝いが無事に届いたことを伝えるためにも、お礼状は先に出しておくといいでしょう。

また、入籍前に結婚祝いを頂いた場合は、入籍後に結婚の報告も兼ねてお礼状を出しましょう。
引用元:www.harmonick.co.jp(引用元へはこちらから)

お礼の書き方ポイント

便箋またはハガキに、手書きをします。
正式なお礼状は便箋に縦書きをするのが基本ですが、親しい間柄なら、横書きでも、ハガキでも問題はないでしょう。一番大切なのは、すぐにお礼の気持ちを伝えることです。

引用元:www.jp-guide.net(引用元へはこちらから)

内祝いのお礼状の書き進めていく項目

①季節を表す言葉
②相手の安否を尋ねるあいさつ
③お祝いへの感謝の気持ち
④結婚したことの報告や近況
⑤お祝いを活用している様子
⑥これからどのような家庭を築きたいのか
⑦今後のおつきあいや支援をお願い
引用元:marthanew.com(引用元へはこちらから)

忌み言葉に注意

まとめ作者