2017年01月09日更新
臭い 消臭

【面倒くさがり必見】臭い靴の臭いを“簡単“しっかり消臭な⽅法まとめ

換気の悪いブーツや、毎日の革靴、ランニングのシューズなど、靴の臭いって気になりますよね。 うっかり人前で靴を脱ごうものなら「足が臭い人」に認定されてしまいます。 そうなる前にズボラな人でも簡単に行える方法で消臭しましょう!

388
0

10円玉を使う

銅には抗菌作用があるので胴が使用されている10円玉を8〜10枚ほど靴の中にいれておけば、靴の中の嫌な臭いをとることが出来ます。

重曹を使う

重曹は弱アルカリ性なので、皮脂汚れや汗など消臭に長けています。

重曹と水で作った重曹スプレーを臭いの気になる靴に振りかけておけば、次の日には嫌な汗の臭いもしなくなっているはずです。

重曹スプレーを作るのが面倒な人や、とっても臭い靴には粉末の重曹をそのまま靴の中に敷き詰めてしまうのがオススメ。
消臭だけでなく、吸湿効果も期待できます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

新聞紙を使う

新聞紙を靴の中につま先から詰め込み一晩置くと、新聞紙が汗や湿気の水分を吸ってくれて、さらにインクが消臭効果をもたらしてくれます。

雨の日の靴のお手入れには最適ですね。

レモンを使う

ビタミンCには細菌の増殖を防働きがあるので、特にビタミンCの大く含まれているレモンでくつの臭いをとることが出来ます。

レモンの絞り汁をガーゼに垂らしてくつの中に敷き詰めればOKです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者