2016年07月06日更新
結婚式 招待状 マナー

結婚式の招待を断る時

友人から結婚式のご招待が来たけれど、どうしても参加することができない!という時のために、お誘いを断るマナーについて知っておきましょう。

1017
0

文字を消すところは、×を使わず、線で消しましょう。

定規を使って、まっすぐな二重線にしましょう。

お祝いの気持ちと、参加できない旨を書き添えておきましょう。

宛名の「行」も忘れずに「様」に変えましょう。

返信は招待状が届いてから、1週間以内に送りましょう!

欠席する理由の伝え方

スポンサーリンク

スポンサーリンク

必ずしも出席できない理由を詳細に伝える必要はありません。

どうしても都合がつかないためという伝え方で問題ありません。

身内の不幸があって行けないという時も、とりあえずそのことには触れずにいて、後日時間が経ってから伝えましょう。

欠席する時のご祝儀

欠席をした場合でも、後日ご祝儀やお祝いの品を渡すこともあります。

ご祝儀は、出席した場合の半額や3分の1の金額を渡すことが多いようです。

相手によっては祝電を送りましょう

披露宴に出席できない時、やむをえず欠席した場合には、祝電でお祝いの気持ちを贈りましょう。
電報なら、メールや電話とは違った、心に残る「おめでとう」を伝えます。
引用元:www.ntt-east.co.jp(引用元へはこちらから)

電報は当日でも間に合いますので、目上の人などの場合は送っておくのもよいでしょう。

電報の台紙も様々選べるようになっていますので、喜ばれるものを選びましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者