2017年01月11日更新
婚活 お見合い 結婚

婚活で成功するための方法まとめ

結婚したーい!でもなかなかうまく行かなーい!!と思っている方にぜひ読んでほしい記事まとめです。 恋愛はいいから家庭を持ちたいアラサーアラフォー向け

2857
0

「この人と付き合うべき?」男女が付き合うときの判断基準とは?

1. 気が合い話しやすい

お互いのことを知るのにいちばん大事なのが「会話」。
会話が続かなかったり、どちらか一方がしゃべりすぎたり、意見が噛み合わないことが多かったりすると、話をすることも億劫になることってあるものですよね。
ちょっとしたことかもしれませんが、ストレスを感じたり、ケンカをしたときにさらにぶつかることもあるでしょう。恋愛期間中はできればストレスなく幸せに過ごしたいもの。ましてや結婚となると意見のぶつかり合いもどうしても出てきますから、気が合うかどうか・なんでも話せるかは後々重要になってきます。
引用元:www.partyparty.jp(引用元へはこちらから)

2. 尊敬できるところがある

自分にはない相手の良いところや、少しでも尊敬できることがあるのは、付き合いを始めるうえで大切な要素です。お付き合いを続けていくのであれば、いつかはケンカになることもあるでしょう。
しかし、尊敬できるところがあると許すことができ、仲直りができる確率が高まります。できるだけ仲良く過ごしたいものですが、ケンカをして傷つけあってもしっかり仲直りができれば絆が深くなるもの。許しあえる仲になるために、尊敬の念は大事な要素です。
引用元:www.partyparty.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

3. お相手があなたに対し、愛情を持って接してくれる

どんなにルックスや条件が良いお相手でも、男女ともに自分に愛情を持って接してくれると感じることは、最も大切なことです。恋愛はもちろん、結婚するとなると長く人生を共に歩むのが前提。恋愛関係の時点でお互いを愛する気持ちがなければ、長続きも難しくなるでしょう。
メールやLINE、電話で連絡を取る時や、会っているときに思いやりを感じられるかどうか。逆にあなたからお相手に思いやりの気持ちをもって接することが自然にできるか。それがポイントです。
一つ注意しておきたいのは、愛情表現をお相手に押し付けないこと。お互いをよく知らないうちに過剰な愛情表現をしても「そんなに自分のことを知らないのに何なんだ…」とお相手に不信感を抱かれてしまうこともあるかもしれません。


引用元:www.partyparty.jp(引用元へはこちらから)

4. 一緒にいて小さなことに幸せを感じ、安心できる

愛情に続いて大切なことは、その人と一緒にいるだけで幸せを感じられるかどうか。いつか困難を乗り越えなければならないときに、一緒にいるだけで幸せを感じられる相手なら、それに立ち向かっていける強さや勇気が湧いてきます。また、特に大きな幸せがなくても、その人と共に過ごすだけで安心感を感じることができれば、きっとその恋愛は長く続くでしょう。デートを重ねてその人を知れば知るほど、幸せを感じられるか確認してみてください。
引用元:www.partyparty.jp(引用元へはこちらから)

最初の「印象」がすべてを決める!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「婚活に成功した人は、いずれも3つのステップを踏んでいます」と言うのは恋愛コラムニストのにらさわあきこさん。つまり(1)相手の視野に入る(2)相手を受け入れ、やってくれたことに感謝する(3)相手に甘え、時には要求する。(1)をクリアしたら、(2)と(3)を繰り返すのが結婚につながる信頼関係を作り上げることになるという。

 女性は最初は好みでなかった人も好きになれるが、男性は最初に「いいな」と思った人のみが恋愛の対象になるそうで最初の印象は非常に重要。にらさわさんのオススメは月に2回以上、新しい出会いの場に出かけること。また、下着に気を配るのもポイント。「下着を丁寧に扱うことで、女性らしいゆったりした時間を持つようになります。精神的な余裕を持てるので、内面から美しくなれます」

 すぐに結果が出なくても、自分自身の「感度」を磨き、新しい人に会って、刺激を受けることは間違いなくプラスになる。

「相手を受け入れる」のもキーワード。付き合える相手かどうか、ではなく「付き合うとしたら」という発想が相手の魅力を見つけ、恋心を育てるトレーニングにもなる。時には甘えてみるのもおすすめ。「具合が悪いとき『そっちに行こうか?』と言ってくれたとします。『悪いからいいよ』と遠慮しがちですが、好意に甘えて来てもらったほうが、互いの気持ちが深まります」(にらさわさん)

 すぐに結果が出なくても、大切なのは活動を続けること。「結婚相手を探すことはトランプのカードを引くのと同じ。ハートのエースは必ずあるけど、どこにあるかは分からない。1枚目に引く人もいるし、53枚目かもしれない。途中でやめればハートのエースを引くことはできません」とお見合い塾・塾長の山田由美子さん。左のポイントを参考に、自分に自信を持ってトライしてみて!
引用元:wol.nikkeibp.co.jp(引用元へはこちらから)

いい男にモテたいなら、褒めない事が成功の秘訣?

恋活イベントでいい男に遭遇すると、女性たちはとにかく気に入られようと褒めまくったりボディタッチを繰り返そうとするようになります。



しかし、イケメンやいい男たちはこのような事には慣れており、むしろ「ああ、またこの女も尻軽そうだな」と思って終わる事が多いです。

いい男の本命になりたいなら、男の前ではあえて褒めたりしない事です。特に、「イケメンねぇ、もてるでしょう?」なんて台詞はもっての他です。

何故なら、イケメン男性が褒められて一番嬉しくない言葉が、「モテそう」「かっこいい」だからです。おそらく、こういった台詞はどこでも言われていると思います。

いい男をゲットする為には、まずは褒めて気に入られようとするのではなく、まずは視界に入る位置にいて、時々チラチラ見る位のアピールで終わらせておきましょう。(ただし、ガン見はダメです)

パーティーなどでは、突然男性に話しかけようとするのではなく、徐々に距離を近づけるようにします。「あの女性は、いったい誰?」と気になる存在程度にとどめるアピールをして、焦らすようにしましょう。

最後の最後に、やっと話しかけに行く、または何も話さずともメルアドを書いた紙だけ無言で渡すなど、少し控えめなアピールの仕方の方が、モテ男には成功しやすいですね。

男性の場合も同じです、あまり、がつがつ行く男性は、引かれるだけです。控えめな行動がおすすめです。

いざという時にだけ、積極性を出せば、「私にだけ」と思い、興味を持たれる可能性が高まります。
引用元:xn--eck7a6c551yfsn.asia(引用元へはこちらから)

婚活で自己紹介や自己紹介シートで気をつけること

・相手がどのような人か判断しやすいから
まず最初にあげられる理由はやはり、相手を想像しやすいことが挙げられます。どうしても婚活などの場合、相手の方がどのような方かわからない場合もあることでしょう。

見えない経歴を前にお話ししても話が入ってこなくなってしまいます。
そのような部分に関してはやはり自己紹介で補う必要があります。

また、お写真と共に自己紹介文が記載されていると、まるでその方がお話しているかのような錯覚を起こし、親近感がわきます。

この自己紹介の段階で興味を持ってもらったり、良い印象を持ってもらうことで、次のステージに行くことができます。
引用元:someblue.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

・自己紹介で職業をアピールできる
自己紹介には必ず、自分の職業を書く欄があります。この職業欄は必ずと言っていいほど必要となってきます。

この職業で、自分がどのような生活を行なってきたのかなどについて知ることができます。ボランティアや介護など人を手助けするような仕事から医者や管理職など、社会的地位が高いようなことも言うことができます。

これをみて興味を持ってくれると、一定のバイアスがかかっているため、交際につながりやすいと言われています。
また、特に男性はお仕事に対する考え方や取り組み方など、しっかりと記載することで女性からの評価も高くなります。


引用元:someblue.jp(引用元へはこちらから)
・希望条件が記載できるメリットがある
自己紹介を記載する際、その欄には自分がどのような人が好みなのかを書く欄があります。実はこれは婚活に当たってとても重要な情報になってくるんです。

たくさんの女性や男性がいる中で、決して全員とお話できるわけではありません。ある程度の異性の人としかお話はできないでしょう。

したがって、会うことができる異性にはやはり交際できる可能性の高い人が来て欲しいと願うものです。

その一つの基準となるのが希望条件です。希望条件をしっかり記載しておくと、相手も意識し同じような条件を持った人が集まることになりますので可能性は増えることでしょう。
引用元:someblue.jp(引用元へはこちらから)
・写真があるということ
やはり婚活の際にメンバー全員とお話することはできません。

規模にもよりますが、どうしても大きな規模になってくると、一回の婚活パーティでお話できる相手もせいぜい4から5人になってしまうでしょう。

しかしその4から5人の中で理想的な人に出会えるかわかりません。
そこである程度自己紹介で絞る必要があるんです。

自己紹介の紙には、写真がついています。これを用いて判断することである程度好みの顔やファッションをあらかじめ確認しておくことができます。そうしておくことで、会った時にもギャップを感じることもなく違和感を感じることもありません。
引用元:someblue.jp(引用元へはこちらから)
・まるで履歴書になってくる
やはりこれからお会いするに当たって自己紹介の紙は自分を示すものになってきます。

その中で詳細に書いていくことでしょう。そうすることでこの自己紹介の用紙はだんだん履歴書のようになってきます。
この履歴書がやはり濃密な内容の方が将来や人間性をはっきりと判断することができます。

やはり濃密の履歴書の方が人材を判断しやすいのはなんとなくイメージできますよね。逆に相手からしても自己紹介が濃い方が選択しやすく、情報も多いのでかなりマメなんだなという印象を持ってもらえます。
引用元:someblue.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者