2016年11月17日更新
婚活 婚活疲れ 婚活うつ

なぜ「婚活うつ」は起きるのか?その理由と対処法

婚活うつは婚活をしている人ならだれでもかかる可能性がある病気です。婚活うつには色んな原因があると考えられています。

2453
0

なぜ婚活疲れは起きるのか

婚活に疲れてしまう理由としては「頑張っているのになかなか結果が出ない」「どうしてうまくいかないのか理由がわからない」などがあると思いますが、女性の場合は年齢も大きく関係していると思います。女性は出産などの関係もあり、結婚に対してタイムリミットを感じています。「早く結婚しなくちゃ」というプレッシャーの中、なかなか結婚相手を見つけることができないことも婚活疲れを起こす要因の一つとして考えられると思います。

引用元:upin.jp(引用元へはこちらから)
また、婚活中は出会いを重ねるほど理想が高くなっていく傾向があるそうです。その結果、なかなか理想の人に出会えずに婚活が長引いてしまい疲れてしまうということもあるのではないでしょうか。


引用元:upin.jp(引用元へはこちらから)

「婚活うつ」になる原因とは?

婚活をがんばりすぎてしまう

スポンサーリンク

スポンサーリンク

婚活はとにかくたくさんの人と出会って、短期間でその人と付き合うかどうかを判断して、ダメならまた他の人を探す…という行為の繰り返しです

時間を無駄遣いしないために、平行してたくさんのパーティーに出席したり、出会った男性と連絡を取っているという方がほとんどです。心身ともに疲れてしまうのは、こういった婚活ならではの仕組みも関係しています。

また、最近は金銭的に自立した女性が歓迎されているため、仕事にも手を抜けません。
女性に求められる条件はそれだけではありません。

容姿
料理や家事の腕前
子供を産めるかどうか


魅力的な女性でいようと婚活以外のこともがんばりすぎてしまう女性が多いのです。


引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)

世間の価値観を気にする

お相手を選ぶ際に『自分が好きかどうか』で選べばいいものを、世間で言われている『こういう人が理想』という既成概念に惑わされがち。その結果、誰を選べばいいのかわからなくなったり、理想が高くなりすぎたりして、なかなか結婚に結びつかない、ということが起こりえます。
引用元:bridaltwoheart.net(引用元へはこちらから)

自分に自信がない

自信のない人はネガティブに考える傾向があります。婚活が上手くいかないと「どうせ私なんか好きになってもらえない」「またダメに決まってる」と考え、挙句には「上手くいかないのは自分のせいだ」と自分を責めて傷ついてしまうのです。

引用元:upin.jp(引用元へはこちらから)

理想が高い

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「青い鳥」とは、ご存じだと思いますが、童話の「チルチルミチル」で登場する存在しない鳥のことです。
この青い鳥症候群タイプは、出会いがあったとしても、「もっといい人がいるはず」と青い鳥をいつまでも探しています。
引用元:www.konkatsu-tsukare.info(引用元へはこちらから)
など、自分のことはさておき、相手の条件に厳しく、「未来」への希望もしくは、「過去」の栄光にすがる人が多いです。せっかくの出会いを前にして、具体的な問題ではなく、「なんとなくとフィーリングが合わない」といった感覚で出会いを見送ります。
引用元:www.konkatsu-tsukare.info(引用元へはこちらから)

反省しない

婚活をしていると、成立しないことなど何度もあります。これも縁なので、一度の失敗で深刻になりすぎなくてもいいのですが、“なぜダメだったのか”ということは必ず考えてほしいことです。自分の振る舞いは大丈夫だったのか、きちんと努力はしていたのかと振り返り、ダメだと感じる部分があるなら反省し、直すよう行動しましょう。自分のダメなところを認めない、反省もしない、では、いつまでたっても婚活を卒業することはできません
引用元:news.ameba.jp(引用元へはこちらから)

婚活スタイルを見直そう

スポンサーリンク

スポンサーリンク

条件をへらす

あなたは結婚相手に対して高すぎる理想や条件を持っていませんか。ある程度の理想を持つことは大切です。でも、条件が多いほど婚活は難しくなります。どうしても譲れないこと以外の条件を少し減らすことで間口が広がって結婚相手が見つかるということもあるのではないでしょうか。

引用元:upin.jp(引用元へはこちらから)

安心して任せられる仲人を見つける

仲人なら誰でも同じではありません。中には、アドバイスができない未熟な仲人だったり、仲人という役割を軽視しているような人も残念ながら存在するのです。自分と合わないと感じたら、その段階で変更することも可能です。話しやすく、時には厳しいことも言う、先生のような存在でいてくれる人を探しましょう
引用元:news.ameba.jp(引用元へはこちらから)

仲人には隠さずすべてを話す

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者