2016年11月21日更新
結婚式 花嫁 結婚

結婚式で後悔した事や失敗した事まとめ

結婚式が終わってから「やっておけばよかった…」と後悔している花嫁って、結構多いもの。 大切な結婚式、準備も万全に進めていたのに残ってしまった後悔とは?!

3728
0

式場・業者との打ち合わせ

結婚式や披露宴では本当に多くの人に関わってもらうことになります。

式場のスタッフ、スタイリスト、カメラマンに司会者・・・、結婚式の準備期間中には式場や各業者の方達とは十分に打ち合わせや話し合いをしておきましょう。

忙しくてろくに打ち合わせをしなかったため、思っていたものと違った、もっとこうしてほしかったのに!というような声はよく聞きますよ。


引用元:darekanotame.com(引用元へはこちらから)

お金をかけすぎた

「あまりにも額が大きいため、金銭感覚がマヒしてきて、いらない演出にお金をかけてしまったところがある」(32歳)
「予定よりご祝儀が少なかったんでもう少し安くすればよかった」(33歳)
「あれこれ付け足していったら 予定より200万円オーバー。一生に一度のことなので仕方ないとは思うが、もう少しおさえたかった」(35歳)
引用元:r25.jp(引用元へはこちらから)

新婦のビューティープランでの失敗

スポンサーリンク

スポンサーリンク

新郎としてはそこまで外見にこだわることもないかもしれませんが、新婦の場合には案外当日の髪形などで後悔することもよくあります。

気にしない新婦は気にしないのですが、後々まで後悔する人もいます。

どうしても写真やビデオに残るのでこれも問題かもしれません。
引用元:www.wedding-eco.com(引用元へはこちらから)
パターンとしては


ヘアメイクが気に入らない
まつ毛をいじりすぎて写真を見ても自分と思えない

などが多いように思います。
引用元:www.wedding-eco.com(引用元へはこちらから)
行きつけの美容師さんに依頼すれば自分のことをよく知ってもらっているので失敗は少ないです。

しかしその美容師さんが結婚式に慣れていないとヘアメイクに時間がかかりすぎてせっかくのプログラムを飛ばさないといけなくなったということもしばしばあることです。

引用元:www.wedding-eco.com(引用元へはこちらから)

ビデオ撮影・写真撮影

これもよく聞かれることです。

前撮り、結婚式、披露宴のビデオ撮影や写真撮影を業者に依頼するかどうかですね。

これに関しては、お金を出してでも依頼しておけばよかったという声をよく聞きます。


結婚式や披露宴中はとても慌しく時間がすぎていきます。何ヶ月も前から打ち合わせをして準備していても、本番が終わってみるとあっという間だったと感じるでしょう。

そんなときでも後からゆっくり式の様子や雰囲気を観る事ができる映像や写真はできる限り残しておくことをおすすめします。
引用元:darekanotame.com(引用元へはこちらから)
写真もビデオも業者に依頼すると、およそ30万円程度かかりますので、非常に迷うところですが、実際にはやっておいて良かったという声が多数です。

また、友人や親戚に撮影をお願いしたところ、撮り忘れやピンボケが多く、思いのほか写真や映像が少なくてがっかりしたというような声も。
引用元:darekanotame.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

演出やプログラムを考えればよかった

余興をつめこみすぎたり披露宴時間が長すぎてゲストを疲れさせてしまった、もうちょっと調整してゲストと話をする時間をつくればよかった、と反省する花嫁は多い。

予算がなかった、時間がなかった、その会場ではできない演出だった、など、諸事情で断念したけど、やっぱりやりたかった…と残念に思っている花嫁も。

歓談時間を多くとったら盛り上がりに欠けた、一部のゲストだけしか参加できず残念だった、など、ゲストに楽しんでもらいたかった、と心残りを感じることもある。
引用元:zexy.net(引用元へはこちらから)
演出が多すぎると、ゲストにゆっくりしてもらう時間がなく、余興をお願いして負担をかけることも。逆に少なすぎると、ただの食事会になって、ゲストを退屈させてしまうため、プランニングで後悔することが多い。

引用元:zexy.net(引用元へはこちらから)

予算を削りすぎ、満足いかない結婚式

予算がなかったので、低料金でシンプルな挙式ができる式場を選びました。
でもこれが大失敗!
料金が安いせいか、リハーサルも簡単に済まされてしまい、本番ではぎこちない姿を見せてしまうことに・・・
せっかくの結婚式だから、もう少しお金をかけて、きちんと式場選びをすればよかった!
引用元:www.niwaka.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お金に余裕がないカップルは、予算を削ることを優先してしまいがちです。

でも、あまりに予算が少ないと、体験談のように「ここだけは」というポイントさえも押さえられなくなってしまうかも。

費用の節約も大切ですが、お金の使いどころを見極めて、「かけるところにはしっかりかける!」これを心がけましょう。
引用元:www.niwaka.com(引用元へはこちらから)

暑すぎ・寒すぎ…日取りを大失敗!

私たち夫婦は二人とも8月生まれだったので、8月にガーデン挙式をしたのですが、なんと当日の最高気温は35℃!ゲストのみなさんも汗だくになってしまって、申し訳ない気持ちでいっぱいの結婚式でした。


引用元:www.niwaka.com(引用元へはこちらから)
真冬に教会で結婚式を挙げたのですが、屋外でのアフターセレモニーが寒くて寒くて。ブーケトスのあたりから体が震え出して、自分が主役なのに『早く終わって!』なんて思ってしまいました。


引用元:www.niwaka.com(引用元へはこちらから)
暑さの厳しい真夏や、強い北風が吹く真冬の結婚式。

新郎新婦だけでなく、ゲストにもつらい思いをさせてしまったと、後悔している花嫁もいるようです。

もし夏場・冬場に結婚式をする場合は、ゲストのことも考えて場所を室内にするなど、暑さ・寒さ対策を考えておきましょう。
引用元:www.niwaka.com(引用元へはこちらから)

ゲスト選びを間違った

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者