歯まできれいな花嫁さんに!純白のドレスに合わせて歯もホワイトニングしよう!

結婚式は一生に一度の晴れ舞台。花嫁としても、当日は万全の準備で臨みたいものです。 最近は歯のホワイトニングが普及するにつれて、エステやネイルと同じように結婚式前に歯のホワイトニングを受けられる方が多くなってきました。

2340
0

先輩花嫁は後悔している!

結婚式の準備の中に歯のケア&ホワイトニングは入っていますか?ドレスを着る上で露出も増えるため、どうしてもダイエットやスキンケアに気をとられがちになります。

実は先輩花嫁によると結婚式後の後悔したこと1位が『歯のホワイトニング』なんだそう。
引用元:www.shika-zoukan.net(引用元へはこちらから)

花嫁は「歯」が命!?

歯石取りとフッ素をぬってもらうだけでもだいぶ違うみたいです。(31歳女性)
引用元:www.mwed.jp(引用元へはこちらから)
友達は歯のマニキュアを塗ったらしいのですが、全く気づきませんでした。(28歳女性)


引用元:www.mwed.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

私もホワイトニングをするか悩みました。ホワイトニングのためには薬品を使うとわかり、微量でも私は気になったので結局やめました。(28歳女性)


引用元:www.mwed.jp(引用元へはこちらから)

日本は歯に対する意識が低い

実は日本は歯に対する意識が低めであることを知っていますか?「虫歯にならないように定期的に歯医者に行く」のが欧米式。さらに欧米では、輝く白い歯が美人の条件とされている、といっても過言ではないほど予防歯科やデンタルケアの意識が高いのです。
また、ハリウッドの俳優や女優は、売れたらまず歯を白くするんだそう。それくらい歯の白さは相手に与える印象が強いということなのです。

引用元:www.first-film.com(引用元へはこちらから)

ホワイトニングとクリーニングの違いは?

ホワイトニングは、歯の表面に付着した色素を落とすだけでなく、歯の中にある色素を分解して歯の明るさを上げて歯自体を白くしていくもの。

大きく分けて、歯科医院などで行うオフィスホワイトニングと自宅で自身で行うホームホワイトニングの2種類があります。保険適用外なので、全額自費負担になります。比較的短期間でリーズナブルなブライダルホワイトニングコースのある歯科もあるので、ぜひ調べてみてください。
引用元:bridal-lounge.jp(引用元へはこちらから)
クリーニングは、歯の表面に付いた汚れ(茶渋、タバコのヤニなど)を取り除くことで、歯をきれいにします。歯の表面に着色のある歯石がたくさん付いている場合は、これを除去するだけでキレイになりますが、もともとの歯が黄色みを帯びている場合は、それ以上白くすることができないそう。虫歯や歯周病予防の目的に行うため、保険が適用されます。

引用元:bridal-lounge.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

白い歯のメリット

笑顔に自信が持てるようになる

人に見せられる白い歯になると笑顔にも、自分自身にも自信が持てるように

引用元:www.hawosiroku.com(引用元へはこちらから)

歯が白いだけで5歳も若く見える!

ある調査では、歯が黄ばんでいる人は、「不潔に見える」「笑顔の輝きがない」「老けて見える」など、マイナスの印象を与えていることが分かっています。歯が白くて健康的だと 「平均して5歳ほど若く見える」「高学歴に見える」「経済的に豊かな印象を与える」など、いいことだらけ。自分が主役になって注目を浴びる結婚式では、ぜひとも美しい白い歯でステキな笑顔を印象付けたいですよね。

引用元:www.hanayome-kirei.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ブライダル前のホワイトニングで気をつけたいこと

スケジュール

式の前は数ヶ月前から週末の予定が埋まり、かなり忙しくなってしまうもの。直前になって受ける余裕がなかった!ということにもなりがちなので事前に日程を決めておくことが得策です。

引用元:www.hanayome-kirei.com(引用元へはこちらから)

妊娠されている場合

 最近では結婚式のときに妊娠されている方が増えています。最近の調査では25歳以下で結婚される方の50%は妊娠しているそうです。ホワイトニングは胎児への安全性が確立されていないため、妊娠中は避けた方がいいでしょう。とはいっても結婚式には白い歯で、という場合はマニキュアをお勧めします。

引用元:note.chiebukuro.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

体調

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者