デコルテ美人でウェディングドレスを素敵に着こなそう!

いざドレスを着たときに、デコルテにシワが多かったりたるんでいたりニキビが多かったりというようなことがないように日頃のケアが大切です。

2397
0

デコルテの魅力

デコルテは、お尻や胸とは違い、男子が日常生活を送るうえで見ることのできるギリギリの露出。女性の色気を感じるパーツにおいて、唯一生身の肌を見ることができる場所。

引用元:news.ameba.jp(引用元へはこちらから)
デコルテは常に重い頭部を支えているので筋肉が疲労しやすく、血行が悪くなり「むくみ」「くすみ」が起きやすい部分でもあります。

美しいデコルテラインをつくるためには、毎日のお手入れが重要なのです。
引用元:hadalove.jp(引用元へはこちらから)

理想のデコルテ

理想は、正面から見た時に左右の鎖骨がほぼ水平に見え、さらに首を動かした時に耳から鎖骨につながる筋肉(胸鎖乳突筋)がくっきりとL字型に浮き上がると、より美しさが強調されます。

引用元:gathery.recruit-lifestyle.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日ごろから紫外線対策を徹底する

デコルテの色ムラ・日焼けの改善は顔と同様に、保湿ケアとシミの元であるメラニン色素を改善するケアが効果的です。肌トラブルの主な原因は紫外線による影響です。デコルテは、顔と異なりメイクをしていない分、顔よりも日に焼けやすく紫外線の影響を最も受けやすい部分なので毎日の紫外線対策は欠かさずに行いましょう。

引用元:gathery.recruit-lifestyle.co.jp(引用元へはこちらから)

猫背をやめる

立っていても座っていても、とにかく猫背になっていないか気をつけてください。

猫背になると、鎖骨やデコルテの美しさが失われることもありますが、何より老けてみえますよね。

良い姿勢を1分続けてみて下さい。普段猫背になっている人ほどつらいはずです。

ですから姿勢をよくするだけでも立派なエクササイズになり、自然と贅肉が落ちていくんですよ。普段から意識して胸を開き、良い姿勢を保つようにしてみて下さい。


引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)

鎖骨のリンパの流れを良くする

スポンサーリンク

スポンサーリンク

鎖骨の端から端までを3か所程度に分けて、ややしっかりめに、摩(す)るようにスライドさせながら、滞りを解消します。右の鎖骨は左手、左の鎖骨は右手で行うといいでしょう。左右それぞれ1カ所5回×3カ所。

引用元:wol.nikkeibp.co.jp(引用元へはこちらから)

温冷タオル

濡らしたタオル2つのうち、ひとつは冷蔵庫、もうひとつは電子レンジへ。昔からある温冷タオルですが、手軽に効果を実感できます。短時間でお肌の血行が良くなり、お肌の透明感と血色が良くなります。
引用元:derella.jp(引用元へはこちらから)

ストレッチで筋肉をしっかり伸ばす

リンパマッサージプラスして、ストレッチもやってみましょう。

首もしっかりほぐすことで血行がよくなり鎖骨周りの筋肉もほぐれるので、このストレッチも一緒にやってみてください。


引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

◆首のストレッチ
座っても立っていてもOK。
背筋を伸ばして肩の力を抜きましょう。頭が天井からつられているようなイメージで。
息をゆっくり吐きながら首を右に倒していきましょう。
息を吸いながら首を戻し、今度は息を吐きながら左へ首を倒します。
これを1セットとし、1~3セットやってみましょう。
次は首を回します。一度後ろに首を倒し、ゆっくり左回し、右回しで1セットです。
引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)

洗い方に注意する

ついつい体と同じようにゴシゴシ洗ってしまいがちですが、薄くデリケートな部分ですから顔と同じように泡で優しく洗いましょう。そしてソープは完全に洗い流しましょう。ソープの洗い残しがあるとその成分が毛穴を詰まらせ、ニキビなど吹き出物の原因になってしまいます。


引用元:locari.jp(引用元へはこちらから)

エステでデコルテケア

セルフケアとしてデコルテのマッサージをする事はとても大切ですが、エステでお手入れしてもらうのもおすすめです。
自分へのご褒美として、ぜいたくな気分も味わえそうですね。
引用元:hadalove.jp(引用元へはこちらから)

顔と同様のスキンケアを毎日行う

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者