2016年11月28日更新
口上 結納 親あいさつ

結納の口上の流れ【例文付き】

結納の流れは、略式の場合はじめの口上を新郎の父親が述べ、結納を受け取るときに新婦が御礼を続けて、新郎へと受書を渡します。受書を受け取るときに新郎が口上を述べ、結びの口上を新郎の父親が述べます。

1344
0
「本日はどうもありがとうございました。おかげさまで、無事に結納をお納めすることができました。今後とも幾久しく、よろしくお願いいたします」

引用元:wedding.gnavi.co.jp(引用元へはこちらから)
「結納式は滞りなくあいすみました。今後ともよろしくお願いいたします。 本日は誠にありがとうございました」
引用元:krachie.ameba.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者