2016年09月21日更新
石田純一 東尾理子 馴れ初め

石田純一&東尾理子、素敵なプロポーズ後の関係性が保っているのは奥様の対応のおかげ

石田純一&東尾理子夫妻。「夫は普通に嘘をつく」など最近、東尾理子が色々とぶっちゃけていておもしろいです。それくらいの事も平気で言えてしまう良好な関係ということですね。結婚式などがとても素敵だったので許せちゃうのかもしれません。

4682
0

年齢は上でも奥様より落ち着かない印象なのは人柄でしょうか

なにかと女性関係で世間を賑わせた石田純一さん、とても恋愛に長けている印象そのままにプロポーズやアプローチも女性の理想のような振る舞いがあったようです。

石田純一

本名 石田 太郎(いしだ たろう)
別名義 石田 純
生年月日 1954年1月14日(62歳)
出生地 日本の旗 日本・東京都目黒区
身長 177cm
血液型 A型

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NHKアナウンサー・石田武の長男として出生。4歳までアメリカ・ワシントンで育つ。東京都立青山高等学校を経て、早稲田大学商学部中退
最初の妻となった女性は、作家で活動家・星川淳の妹の星川まりであり、1970年代に知り合って学生結婚
大学在学中、演出家となることを考えた石田は演劇を学ぶためにアメリカに渡った。東洋哲学に傾倒しており、ヒッピー的な志向であったまりとは、このアメリカ滞在中に離婚。帰国後の1978年には大学を中退、「演劇集団 円」の演劇研究所研究生となった
1979年にNHKドラマ『あめりか物語』(日系三世のタイ人の店員役)で正式にデビューする。当初は「石田 純」の芸名を使用していた(のちに現在の名前に改名)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

尾理子

生年月日 1975年11月18日(40歳)
身長 160 cm (5 ft 3 in)
体重 50 kg (110 lb)
国籍 日本
出身地 福岡県福岡市
父・修と母(一般人)の間に生まれる。父・修が西鉄・太平洋・クラウンライターライオンズの投手だったため、福岡県で生まれた

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ゴルフ愛好家の父と、アマチュアながらあまたの女子ゴルフ大会に参加していた母の影響から、理子自身も8歳からゴルフを始めた
ライオンズはその後西武鉄道が買収し、埼玉県へ移ったが、理子自身は中学入学時から上京。帝京高等学校入学後、ゴルフ部を発足させてキャプテンを務める。2年生の時に日本女子アマチュアマッチプレー優勝
1994年に日本大学へ進学。全米女子アマにおいてベスト8入りを果たす。
1995年にフロリダ大学へ留学。「アカデミック・オールアメリカン」、「ダイナ・ショア・アワード」を受賞。
1998年5月、フロリダ大学心理学科卒業

石田純一さん&東尾理子さんのなれそめ、プロポーズ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者