アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットの出会いは誠実なものだった?

憧れのカップル、アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピット。数え切れないほど、個人で寄付を行っていたりと色んな方面で注目されますがそんな二人の出会いはどんな形だったのでしょう。

4174
0

ブランジェリーナの動向から目が離せません

外見だけでなく中身も美しい2人の、結婚に至るまでの素敵エピソードをまとめました。最強カップル・ブランジェリーナの結婚は話題にあふれていますね。

ブラッド・ピット

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本名 William Bradley Pitt
生年月日 1963年12月18日(52歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オクラホマ州シャウニー
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優・映画プロデューサー
ジャンル 映画
活動期間 1987年 -
トラック会社の経営者である父と高等学校のカウンセラーであった母との間に生まれた。生後まもなくミズーリ州スプリングフィールドへ転居し、保守的な家庭で南部バプテストとして育てられた。弟が2人いる。イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランド、北アイルランド、ドイツの血を引く。
幼少時には3歳当時の1966年に公開された日本の怪獣映画『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』を見て感動し、後年の2012年に開催された第84回アカデミー賞の授賞式でそれを語っている
将来を見据えた際に物事が何も進展しないように感じ、自分が今までに映画を観て感じた情景や彷彿とするような気持ちを忘れられず、俳優になることを決意。学位を取得する2週間前に大学を中退し、手持ち金325ドルでロサンゼルスに向かった

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2009年6月、『ピープル』誌によると、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーのチャリティ組織“ジョリー・ピット基金”がパキスタンの難民救済のため100万ドル(日本円で約9,800万円)を国連難民機関に寄付した。アンジェリーナは過去に3回パキスタンを訪れており、住むところがなくなった人々を救うために使ってほしいと今回の寄付をした。国連難民機関の代表であるアントニオ・グエテレスは援助に感謝している

アンジェリーナ・ジョリー

生年月日 1975年6月4日(41歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
民族 スロバキア・ドイツ系アメリカ人
フランス系アメリカ人
イロコイ族・インディアン
職業 女優・映画プロデューサー
ジャンル 映画
活動期間 1982年 -
米カリフォルニア州ロサンゼルス出身。父はスロバキアおよびドイツ系アメリカ人俳優のジョン・ヴォイトで母はフランス系カナダ人とイロコイ族(ワイアンドット族)の血をひく女優のミシェリーヌ・ベルトラン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

生後間も無い1976年に両親が別居するとジョリーは兄弟と共にニューヨークへ移住。幼少の頃から母と共に映画に親しみ、演技に対する興味を示し始めた。1982年には父が主演する映画『大狂乱』で親子共演を果たした
彼女の母親の収入は少なく、つましい生活であったので、彼女は裕福な家庭からの学生の多いべバリーヒルズ高等学校の中で孤立したように感じ、さらに、ジョリーが極端に痩せていたことや、眼鏡、歯列矯正の器具などを着用していたことで他の生徒からからかわれるということもあった
彼女は他の人達と心を開いて付き合うことに困難を感じ、その結果、自傷行為を始めた。当時のことをジョリーは「ナイフで自分を傷付けると生きているという実感が沸き、開放感に満たされ、なぜか癒しのようにを感じるのです」と振り返っている

アンジーとブラピの運命的な出会い

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者