憧れの海外ハネムーン!新婚旅行で行きた国まとめ

憧れの海外ハネムーン。一生残る思い出だからこそ、どこにいくか迷ってしまいますよね。 今回は、新婚旅行におすすめの海外スポットを紹介します。

2216
0

ハワイ

初海外でも安心して楽しめる、そして何度行っても飽きることがない。そんな懐の深さで老若男女問わず圧倒的な人気を誇るハワイはハネムーンでも不動の人気NO1。

引用元:www.anniversary-t.com(引用元へはこちらから)

スペイン

歴史的に見て、スペインはキリスト文化とイスラム文化が混じり合った国。
そのため、地域ごとに大きな特徴があり、大きな魅力になっています。
引用元:tabimo.jp(引用元へはこちらから)

タヒチ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

蒼く輝く海、豊かな緑と鮮やかに咲き誇る花々。美しい自然に恵まれるタヒチは「最後の楽園」と呼ばれる人気のリゾートアイランド。

引用元:retrip.jp(引用元へはこちらから)

アメリカ

アメリカはニューヨーク、ロサンゼルス、ラスベガス、サンフランシスコなど、雄大な大自然をドライブしたり、大都会をエンジョイしたり、アレンジ次第でたくさん楽しめます。買い物やテーマパーク、カジノなどエンターテイメント満載の新婚旅行先として、男性にも大人気。都市によって楽しめるものが異なるので、事前に二人でよく相談しておきましょう。


引用元:www.compathy.net(引用元へはこちらから)

イタリア

「長い休みは新婚旅行のこの機会じゃないと取れないかも」というおふたりが遠くのヨーロッパを選ぶケースも多いようです。そんなヨーロッパで一番人気はやはりイタリアです。

引用元:www.anniversary-t.com(引用元へはこちらから)

台北(台湾)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

台北は、観光スポットも多く、食事も美味しい。さらには日本からも近いのでアクセスも至便です。

台湾の方々は親日の方が多く、道を聞いても丁寧に教えてくれたり、なかには日本語を話せる方もいます。

ただし、新婚旅行の休みを長く取れるのであれば、もっと遠くに行った方がよいと思います。

もし、新婚旅行の日程が3日しか取れないという場合には、よいのではないでしょうか。3日あれば、台北市内観光に加え、ノスタルジックな九份と、台湾のヴェネツィア淡水も楽しめます。
引用元:aokitrader2.com(引用元へはこちらから)

モルディブ

高温多湿の熱帯性気候で、年間を通して平均気温が26~33度と高め。 「世界の首飾り」と称され、1島1リゾートという特殊なモルディブは、水上飛行機やボートを使って島まで移動します。 プライベートな環境を楽しめるハネムーンに人気のリゾート。

引用元:retrip.jp(引用元へはこちらから)

ニューカレドニア

やさしい海のゆりかごに浮かぶ天国に一番近い島。エメラルドをとかしたような澄んだ青の海が果てしなく続く光景は何世紀もの間、人々が思い描いてきた「天国」そのもの。

引用元:retrip.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フランス

イタリアと双璧を成す人気の国がフランス。憧れの華の都パリの散策は想像しただけでロマンチックですね。はじめてのヨーロッパの場合イタリアとフランスから選ぶケースが多いようです。

引用元:www.anniversary-t.com(引用元へはこちらから)

ドイツ

ドイツには、それぞれの街に、独自の歴史や文化、オリジナリティがあり、都市・街を移動するたびに、まったく違う表情を見せてくれます。

また、過去の戦争により破壊されている部分も多いながら、中世の面影が残るロマンティックな街並みは保存状態が良い。どの街もタイムスリップしたかのような感覚を覚え、旅行者を惹きつけます。

そしてドイツは、ヨーロッパの中でも比較的安全(もちろん油断は禁物ですが)なので、IC鉄道による電車移動もしやすいです。加えて、電車の中も綺麗です。

新婚旅行に行くうえで「渡航先の治安が良いか否か」は重要なポイントだと思います。

ドイツはイタリアやフランスと比較すると、ショッピング目当てで旅行する人が少ないです。とはいえ、日本人が好きなブランドのお店はあるので、ゆっくりと買い物を楽しめるのも大きなメリットです。
引用元:aokitrader2.com(引用元へはこちらから)

オーストラリア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者