2016年07月06日更新
結婚式 ご祝儀 マナー

お呼ばれマナー・結婚式のご祝儀

結婚式にお呼ばれした時には色々マナーがありますので気をつけましょう!ご祝儀についても、相場の金額やマナーがあります。あらかじめ確認しておきましょう!

2115
0

結婚式のご祝儀は重要です

結婚式に呼ばれた側も、気楽に参加するだけでなく、色々とマナーがあります!

ご祝儀のマナーの基本マナーにも目を通しておきましょう。

ご祝儀とは

祝儀(しゅうぎ、御祝儀・ご祝儀)とは、時節や時期や機会や出会いなど、人生や日常においての節目節目に金品を贈る行為。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
慶事(喜ばしい時)などの祝意やその互助活動の手間に対する謝意を表すために贈る金品のこと。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ご祝儀の相場とは?

気になるご祝儀の相場とはどれぐらいなのでしょうか?

年齢によって相場が変わります

一般的には、相場は次のような金額と言われています。

20代は2万円から3万円

30代は3万円から5万円

40代は5万円から10万円

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ご祝儀に関する注意点

たくさん包めばよいというものではない

お祝い事はお互い様ですから、あまり高い金額を包むのは考えものです。

高ければ高いほど喜ばれるというものではありませんので注意しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

偶数は避ける

偶数は2つに割り切れることから別れを連想させると言われています。

ご祝儀においては、金額とお札の数を、奇数にしましょう。

ご祝儀金額にも語呂合わせが

ご祝儀の金額としてまず避けるべきなのは4万円と9万円です。

偶数は基本はNGですが、8万円は「末広がり」なのでOKとされています。

新札を包む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者