2016年08月25日更新
専業主夫 外国 世代間

「専業主夫」に賛否 増加しつつある旦那の主夫化に世の中の女性陣は何を思う?

「専業主夫」は現代日本ではまだ抵抗が大きいようでもあります。この問題を諸外国の現状、法整備の進展等から簡単にまとめながら考えてみましょう。ネットでもこの事に、世代間でも反応が異なるようです。

955
0
画像を拡大

支給要件が拡がった

出典:i.imgur.com
画像を拡大

支給要件が拡がった

出典:i.imgur.com

遺族年金は、年収850万円以上(所得655万円以上)ある方には支給されません

平成24年の国会で法改正がなされ、平成26年年4月1日から『子のある夫』にも遺族基礎年金が支給されることとなりました。
引用元:www.ignition-ent.com(引用元へはこちらから)
しかし、平成26年4月に年金機能強化法と言う法律が施行されて、父子家庭にも支給要件が拡がったんです。
引用元:hoken-seminar.com(引用元へはこちらから)
以前は遺族基礎年金は『18歳未満の子を持つ夫を亡くした妻や子』、いわゆる母子家庭のみが対象でした。
引用元:hoken-seminar.com(引用元へはこちらから)

男性の家事や育児への参加は「女性活躍社会」には重要

スポンサーリンク

スポンサーリンク

長時間労働、サービス残業の横行を社会から撲滅しない限り難しい・

日本のイクメンがもっと普通になるには、イクメンの問題だけじゃなくて、子育てを社会全体で引き受けるような、そういう風土が必要
引用元:www.huffingtonpost.jp(引用元へはこちらから)

1日12時間労働なんてしてたら、家事・育児なんてとても無理

一緒に家事や育児をしてくれる男性の存在を信じられない限り、女性は社会で活躍する気にはなれない
引用元:www.huffingtonpost.jp(引用元へはこちらから)

妻に収入があれば専業主夫もありと思っている人が多いのも特徴

画像を拡大

アメリカでは、女性が一家の収入を稼ぐことに違和感がない

出典:i.imgur.com

料理が好きだからは×、家事・育児・料理全てに対しての興味・意欲が必要

大手結婚サポート企業のアンケート結果でも、妻の収入が安定していれば専業主夫でもいいと答えた人が、20代から30代の間で69.4%にのぼります
引用元:www.saintmedia.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者