2016年11月22日更新
結婚 男子心理 恋愛心理

「この人と結婚したい!」男が結婚を決めるタイミングとは?

結婚を決めた理由は男性によって様々です。 普段の言動から、相手に『結婚しても良いかな』と思われるようにふるまうことが大事になることでしょう。

1297
0

自分の家族とうまくやってくれそう

付き合うだけならば個々の関係で済みますが、やはり「結婚」はお互いの家族との関係を築いていく必要があります。

なので、相手の女性に対して「自分の家族とうまくやってくれそう」という確信が持てたとき、プロポーズへ向かう気持ちを加速させるようです。

引用元:mdpr.jp(引用元へはこちらから)

安定した生活を送りたい

男性の思う安定と女性の思う安定は差があります。女性の求める安定は「金銭面」や「男性の職業での安定」ですが、男性は仕事をする上での安定を求めます。例えば、男性は自分が仕事をして帰ってきたときにホッとできる場所を求めています。自分が帰ってきたときに温かいご飯と「おかえり」という言葉で出迎えてくれる安定した生活、それこそが男性が最も結婚に求めることだと言っても過言ではないでしょう。


引用元:www.minden.jp(引用元へはこちらから)
しかし女性の本音は「家政婦にはなりたくない」と思っている人が多いようです。そこは結婚する前に、お互いよくよく話し合った方が良いでしょう。理想と現実のギャップがあって離婚となってしまったり家庭内別居となってしまう夫婦が多いようなので、「結婚とは?」という根本からまずは話し合ってみることです。


引用元:www.minden.jp(引用元へはこちらから)

母性があるように感じた

スポンサーリンク

スポンサーリンク

断言しても良いのですが、子どもに冷淡な対応を取る女性を見ると男性は、その人と結婚して子どもを作ろうとは思わなくなるものです。逆に子どもに対して温かく(とはいえ甘やかさない)接し方が出来る人に対しては好意を持つものです。


引用元:marihonnete.com(引用元へはこちらから)
また、意外と細かいところで「この人、素敵だな」と思われる要素はあります。例えば他人の子どもにあいさつする際にきちんと腰をかがめて目を合わせること、子どもの何気ない質問にもしっかりと答えてあげること、そう言う小さなことの積み重ねが「この人となら結婚したい」と思われる要因になります。

引用元:marihonnete.com(引用元へはこちらから)

適齢期を意識した時

「結婚する相手は運命の相手」的な考え方の人には受け入れがたいかもしれませんが、「自分が・相手が適齢期だから」という理由で、結婚に踏み切る男性は多いもの。特に、子どもが欲しい場合や堅めの企業に勤めている場合はなおさら。同年代の男性に子供ができたり、結婚していることで一人前とみなされる風潮を感じたりと、年齢を重ねることで自然と結婚を意識することが多いようです。


引用元:www.dokujo.com(引用元へはこちらから)
また「友人がどんどん結婚していき、焦る……」と感じる女性と同じように、男性も友人たちの結婚には少なからず焦りを感じるのだとか。「周りもみんな結婚したし、そろそろ結婚する時期なのかな」と思い始めたことが、結婚を決めた理由にもなったという意見もあり、適齢期を感じるのは周りの影響が大きいようですね。


引用元:www.dokujo.com(引用元へはこちらから)
「彼が結婚を意識した時に彼のそばにいる存在だった」というだけでも十分に「運命の相手」と言えます。プロポーズの理由が年齢にあっても、打算的だなんて思わなくていいのです。流れと彼に身を任せて、安心して結婚への道へ向かいましょう。


引用元:www.dokujo.com(引用元へはこちらから)

仕事を優先する事を認めてくれる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「仕事で会えない時でも、それを認めてくれる女性としか結婚できない」(30代男性)など、
女性よりも仕事を優先する男性に文句を言わない女性と付き合った時、結婚の意識をした男性も多くいました。仕事ばかりでは女性も不満でしょうが、どうしても女性を優先すべき場面があるのと同様、どうしても仕事を優先すべき場面だってあります。その場面で女性がわがままを言っていては、男性も稼ぐ気をなくしてしまいますし、その場面で応援してくれてこそ、男性も頑張れるのです。
引用元:koiking.net(引用元へはこちらから)

相手の全てを受け止められた

結婚することで、家族が絡んだり、苦楽を共にしたりすることで、それまで見えていなかった相手の良い部分や悪い部分が見えてきますが、恋人同士の関係のときにも些細なケンカなどで「嫌いな部分」を目にすることがあります。

それで別れてしまうカップルも居ますが、逆にそれがきっかけでプロポーズに至ることも。
引用元:mdpr.jp(引用元へはこちらから)
つまり、表向きではない“その人そのもの”を目の当たりにして、それを乗り越えたとき、それが強い反動となり、むしろ相手の女性に愛おしさを感じてプロポーズに至ってしまうワケです。

引用元:mdpr.jp(引用元へはこちらから)

一緒にいて楽しい

付き合っている彼女が「とにかく一緒にいて楽しい存在だから」結婚したくなった、という男性の声をよく聞きます。ものの考え方、会話のテンポ、嬉しいことや嫌なこと……これらが合う相手は「相性がいい」ということ。女性は結婚相手を「条件」で見てしまう場合が多いですが、男性はフィーリングを大切にする傾向が強いのかもしれません。


引用元:www.dokujo.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

つまり、美人で若くて自慢のお嫁さんをもらったとしても、一緒にいても楽しくなければ家に帰るのもしんどくなってしまいますよね。それよりは、一緒にいて面白い女性のほうが断然結婚相手として考えられるようです。


引用元:www.dokujo.com(引用元へはこちらから)
男性にとって、「修学旅行の夜のような、いくら話しても飽きないわくわく感をくれる妻」というのはかなりの魅力。彼女と一緒にいれば、楽しい家庭ができるはず!という確信を持ったとき、プロポーズに踏み切るようです。


引用元:www.dokujo.com(引用元へはこちらから)

老後一人でいることが不安になった

女性は結婚を考える時、「老後も安定した生活ができる」というところに重きを置いています。老後一人でいるのは寂しいからというよりは、人生を長い目で見たとき、生活に追われていたくないと、そこはシビアに考えている女性が多いようです。


引用元:www.minden.jp(引用元へはこちらから)
しかし、男性の視点は、「一人で年老いてゆく自分」というところにあります。両親や周りを見ていて「年老いてきた時に一人になりたくない」と感じ、結婚を決意する男性が実は結構多いようです。結婚相談所には、このような相談に来られる方が一日に数名訪れます。もちろん「安定した生活が送れること」は男女共に結婚を決断する重要な理由ではありますが、そこは女性よりも男性のほうがピュアな「安定」を求めているのかもしれませんね。


引用元:www.minden.jp(引用元へはこちらから)

彼女の両親が親しみやすい

「彼女が好きな事は当たり前だし、これが一番重要なポイントですよね」(30代男性)など、
直接彼女に対してではなく、彼女の両親との交流のしやすさが結婚を決断させたという男性も多くいました。仮に付き合っている当時はそうでなくても、結婚するとなるとその後は彼女の両親と関わる機会も多くなりますし、場合によっては同居が必要となる事もあります。そうした際にストレスなく生活するには、男性にとって彼女の両親が親しみやすい存在でなくてはなりません。結婚において、彼女への愛情は当然ですが、さらに何かを求めるとしたら、この点を挙げる男性は多いでしょう。
引用元:koiking.net(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者